自治体(都道府県/市町村)・団体のみ申込可能なカテゴリーです。

都道府県や市町村のPRコーナーです。
観光、体験イベント、Iターン、Uターンの募集、移住など、地域の魅力をダイレクトに告知できます。

開催にあたって

開催にあたってイメージ

一般社団法人日本能率協会は、1960年より55年以上にわたり産業の振興を目的にビジネス人の交流をめざし、年間約30本の専門展示会を開催しております。

今後の人口減少による労働力不足を見据え、企業、団体のブランディングの確立と業界内での認知度向上に貢献するため、企業・団体が日本の未来を支える子供たちに対し、「宿題・自由研究」に役立つ学習・体験プログラムを提供するBtoCイベント「夏休み 宿題★自由研究大作戦」を2015年から開催しております。

本イベントは学校の夏休み時期に開催することで、東京・京都・仙台のファミリーを中心に毎年約25,000~30,000名を動員しております。毎回多くのマスメディア(TV、新聞、雑誌)に取り上げられるイベントとなっております。

開催にあたってイメージ

こうした実績を背景に本イベントでは、ファミリー層に対し、観光資源、移住、定住のPR活動に尽力する自治体、団体とのマッチングを図る企画として、「地域の魅力コーナー」を実施しております。
子育て世代のファミリー層を中心に「夏休みの観光、体験の場」「移住、定住の促進(含 就業、就農、住宅支援など)」を広くPRをお考えの自治体、団体の皆様には是非、この機会にご参画を検討いただきたく、お願いを申しあげます。

参加対象

自治体/移住・観光PRサポート団体

(移住・定住促進(就業・就農支援サポート、住居サポート含む)、観光PRなど)

「移住・定住などの相談コーナー」+「暮らし・自然体験」「観光資源案内」「就業・就農支援」「住宅支援」「子育て支援」などの情報や体験を盛り込むブースづくりをお勧めします!
  • ※自治体・団体ブースにおいて、移住・定住および観光についてもワンストップでPRできると効果が高まると主催者は考えます。自治体・団体および関連企業と共同で参加されることをお勧めいたします。
  • ※本イベントは「体験」「自由研究」をメインに構成しています。各自治体での体験・モノづくりなどをブース内で展開いただけると、より訴求効果が高まります。
移住
積極的に「移住」に関する情報を収集する方々ではなく、「ちょっと興味がある」と言った潜在的なニーズを持つファミリー層を開拓することも重要ではないでしょうか。 本イベントは都市部在住で小学生のお子さんをお持ちのファミリー層が来場しますので、絶好のPRチャンスです。
  • ★親と子で一緒に移住を考える場
  • ★夏休みの体験型移住の提案
遊び(観光)
本イベントは夏休みスタート直後に開催されます。夏休み中の旅行先として地方・地域の魅力を伝え、お越しいただくきっかけにしませんか。 「実際に来てもらう」ことで地方・地域の良さをダイレクトに体験いただけます。
  • ★交流人口の増加を狙う
  • ★体験型アクティビティPR
学び(学習・体験)
本イベントは小学生の「学習体験」にスポットを当てています。地域の伝統、特産品、名物、祭りなどを首都圏のご家族に知ってもらう機会になります。 ファーストステップとして、地方・地域に興味を持ってもらうことが重要です。
  • ★ふるさと納税のPRにも!

前回サポーターの声

高知県の良さを幅広い世代に伝え、観光や移住先としての魅力をPR

高知県

■ 実際に出展してみて
初めての出展でしたが、予想以上にたくさんの方に来ていただけました。 高知県へのアクセスについて直接説明することで、「それなら行けそう」と感じてもらうことができたほか、土佐和紙のちぎり絵を体験した親子からは、 「現地で、紙すき体験をしてみたい」「高知県に行ってみたい」という声も多く聞かれ、手応えを感じました。 高知県に興味を持ち、その良さを知ってもらうという目的は果たせたと考えています。
高知県 大阪事務所 観光課 非常勤職員 山本 千賀 氏


来場者も多く、来場者のターゲット層と情報発信したいことが合致

岡山県美作市

■ 実際に出展してみて
全体的には好評でした。とくに「美作の木のふれあいコーナー」は、行列ができるほどの人気で美作市のサポーターとして出展してよかったと思います。 体験スポットは外国人観光客含めて目玉となる観光施策です。 もっと素材の情報発信とブラッシュアップができるように目指していきたいと思いました。 また、大手のメーカーの方々の参加が多いため、商談のきっかけとなることも大いに想定されるほか、出展ブースの構成はさすが大手と感じるクオリティのものが多く、とても参考になると感じました。
岡山県美作市 経済部 商工観光課 主任 横山 直紀 氏

ブース出展料(税込)

京都(2日間の料金) ¥216,000 / ブース
東京(3日間の料金) ¥324,000 / ブース
仙台(2日間の料金) ¥216,000 / ブース

1ブースのサイズ

間口3,960mm×奥行1,980mm×高さ2,700mm

ブース備品

  • 団体名看板
  • カーペット
  • パイプ椅子4脚
  • 電源2口(300Wまで)
  • 長机1台(1,800mm×600mm)

※インターネット接続(別途有料) ※試食・試飲を実施の際は、手洗い場の設備が必要になる場合があります。(別途有料) ※事務局によるプログラム運営サービス(抽選システム、整理券配付、プログラム内容の掲載など)は、ご利用いただけません。